新型コロナウイルス感染症に対するガイドの受付及び対応について

Published by shinobukatase on

2020年6月22日更新

6月19日に移動の自粛が緩和されました。それに伴い、夏の観光シーズンのこれから、北海道へ来られる方が多くなることが見込まれます。現在、北海道では「新北海道スタイル」安心宣言として「7つの習慣化」を促しています。そこで、当事務所でもそれらに取り組みながら、夏のガイドを実施していくことといたしました。

1.スタッフのマスク着用や小まめな手洗いに取り組みます。

2.スタッフの健康管理を徹底します。

3.送迎時の車内など定期的な換気を行います。

4.設備、器具等の消毒・洗浄を行います。

5.ご案内時に2メートルの距離を保つ等、接触機会を減らすことに取り組みます。

6.参加者の皆様にも咳エチケットや手洗いを呼びかけます。

7.ホームページ等を活用し、事務所の取り組みを皆様にお知らせいたします。

ガイドウォーク、ガイド派遣におきまして、ガイドの体調管理は徹底しておりますが、万が一、ガイドが風邪を引いてしまった場合、最悪の場合を想定しガイドを中止させていただくこともありますので、予めご了承ください。

また、ガイドウォーク中にガイドも含めコロナウイルス感染が疑われた場合、医療現場や救急など関係者の皆様に多大なご迷惑をかけてしまうため、参加される皆様の体調が少しでも優れない場合なども、中止または中断させていただく場合がありますことを予めご了承ください。

※できる限り集合場所にご自身でお越しください。片道ウォークの場合の帰路の車中では、窓の開放による換気、乗車前後の車内や手のアルコール消毒にて対応させていただきます。

皆様のご理解、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


2020年5月6日更新

4月16日に政府より全国に発令されました新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための緊急事態宣言が5月4日付で5月31日までと延長されました。この発表を受け、片瀬自然ガイド事務所では、誠に心苦しいのですが、5月31日までのガイド全般の受付を中止することといたしました。以下に6月以降の対応について記載いたしますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

◆ 主催ガイドウォークの対応

6月以降の自然ガイドウォークについては、ご予約を受け付けいたします。しかし、今後のコロナウイルス感染症の行方、緊急事態宣言の行方が全く予想がつかない現状、ご予約日の1週間前ごろから前日にかけて、実施できる状況かどうかを判断させていただきご連絡させていただきます。

仮に少しずつ感染が落ち着いてきていた場合でも、野外での活動のため事故やケガの可能性はゼロではありませんし、ガイドウォーク中に私も含めコロナウイルス感染が疑われた場合、医療現場や救急など関係者の皆様に多大なご迷惑をかけてしまいます。そのため緊急事態宣言の有無などに関わらず、中止させていただく場合がありますことを予めご了承ください。

ガイドウォークの実施ができると判断した場合は、私と共に、以下の対応のご協力をお願いいたします。

〇健康チェック 〇マスクの着用 〇アルコール消毒 〇ご案内時に2メートルの距離を保つ

※できる限り集合場所にご自身でお越しください。片道ウォークの場合の帰路の車中では、窓の開放による換気、乗車前後の車内や手のアルコール消毒にて対応させていただきます。

◆ ガイド派遣での対応

6月以降のガイドの派遣も、ご予約を受け付けいたしますが、主催ガイドウォーク同様、ご予約日の1週間前ごろから前日にかけて、実施できる状況かどうかを判断させていただきご連絡させていただきます。

また、私が対応できる人数を1組(例:夫婦のみ、家族のみなど、不特定多数のグループは不可)のみとさせていただきます。

ガイド実施時の対応は上記の主催ガイドウォークの対応と同様とします。

一日も早く、自然の中で心おきなく活動できるよう、皆様のご理解、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。