【夏季】西別岳

投稿者: shinobukatase 投稿日:

南は根釧台地を吹き抜けてきた風が、北は摩周から吹き上がってくる風が強いからでしょうか。樹木の背は低く、標高は低いけれど、標高が高めで見られる野の花たちを観察することができるのが西別岳です。その一部分をご紹介します。

がまん坂

カラマツ林の中を歩いていき、だんだんと景色が開けてくると見えてくるのが、がまん坂と呼ばれる登り坂です。無理しすぎずに、何度か小休止しながら、登っていきます。途中振り返ると、眼下には根釧台地の開けた景色が広がります。

リスケ山

登りを登り切ると一番初めにたどり着くのが、リスケ山です。遠くには摩周湖や摩周岳があり、摩周外輪山とはまた違った角度から摩周湖を楽しむことができます。ここから風の通り道を歩くため、摩周外輪山よりはシーズン通して比較的虫も少なく、気持ちのいい風が吹いていることが多いです。

ごくらく平

西別岳の尾根沿いまで来ると、平坦な道となり歩きやすくなります。ここでは、コケモモやチシマオダマキ、チシマフウロ、エゾツツジなど低山で見られる花たちを観察することができます。がまん坂を昇り切ったご褒美みたいですよね。

西別岳

最後の登りを登ると、西別岳頂上です。ぐるりとパノラマの景色を楽しむことができます。帰りは同じ道を戻っていきます。ずっと下りではありますが、がまん坂を下るときは、足ががくがくしてくるので、ゆっくりと降りていきたいですね。

おススメ時期

景色もきれいですが、摩周の外輪山に付随しているので、霧に包まれてしまうことも多いので、お花の観察がメインのお山です。見たいなと思うお花を見に出かけるのがいいと思います。

5月下旬・・・ユキワリコザクラ、ミネズオウ、フデリンドウ、エゾノクサイチゴなど

6月上中旬・・・チシマフウロ、ミヤマオダマキ、チシマザクラ、ハクサンチドリ、イソツツジ、エゾイブキトラノオなど

6月下旬7月上旬・・・エゾツツジ、カラフトイチヤクソウ、エゾノクサイチゴの実、ダイコンソウ、ウツボグサなど

7月下旬8月上旬・・・モイワシャジン、クロバナハンショウヅル、ウマバチソウ、ナガボノシロワレモコウ、トウゲブキ、チシマアザミ、ヤマハハコ、ヤマハギなど

8月下旬9月上旬・・・

自然ガイドのページへ

カテゴリー: 見どころ