【夏季】藻琴山

投稿者: shinobukatase 投稿日:

屈斜路カルデラの外輪山の中で最も高い山が藻琴山です。標高は1,000m。オホーツク方面と屈斜路湖方面の両方を望むことができます。そんな藻琴山の一部分をご紹介します。

ハイマツ帯

ハイランド小清水が登山口になります。すでに8合目からのスタートとなり、いきなり背丈よりも少し大きいハイマツが生い茂るエリアから歩き始めます。周囲の景色が全く見えないのですが、9合目直前で少し景色が開けます。

硫黄山

藻琴山の中腹を覆いつくすハイマツの間から見えるのが硫黄山と屈斜路湖の一部分です。歩き始めから登りなので、ここで景色を見ながら、一息入れることができます。ここで見られるのは景色の一部分なので、全景を見るためにさらに頂上を目指して登っていきます。

屏風岩

屈斜路湖が左手眼下に見えてきます。その途中に、そこまで大きくはないけれど、むき出しとなった岩があります。屏風岩です。屏風岩の周辺では、範囲は狭いですが、野の花が咲く姿を観察することができます。

藻琴山頂上からの屈斜路湖

頂上からは、屈斜路湖の全景と、オホーツク方面の景色を前後に見ることができます。低くても山は山なので、夏は屈斜路湖畔から見ていても傘雲やきり雲がかかっていることが多く、霧に包まれてしまっていることが多いのではないでしょうか。

おススメ時期

藻琴山には中腹を周回するルートなんかもありますが、小清水ハイランドからのコースでは、基本的に木陰が全然ないため、真夏の暑い日は日差しを遮る場所がありません。霧も多いため、暑さで景色を取るか、景色は無いけど霧の涼しさを取るか迷うところです。

足元のお花もシーズン中に変わるので、夏季通して、楽しめるのではないでしょうか。

自然ガイドのページへ

カテゴリー: 見どころ